English | サイトマップ
AIPについて

AIPヘルスケアジャパンの強み

ヘルスケア投資業界での先駆者として社会貢献に注力

  • 2001年よりヘルスケア分野(病院・介護施設)に焦点を当てた投資戦略を開始し、2008年以降、高齢者施設・住宅向けに特化した投資。
  • 業界の先駆者として、高齢者施設・住宅運営事業者、金融機関、不動産業界関係者、行政当局等に対し、ヘルスケア投資業界の現状に関する普及活動を国内外において精力的に実施。
  • ヘルスケア分野への貢献を評価され、2014年8月に高齢者住宅経営者連絡協議会に加入。

ヘルスケア分野への豊富な投資実績

  • 病院再生案件(11案件)、高齢者施設・住宅(19施設)への投資実績等を通じ、ヘルスケア施設の運営実績が豊富なオペレーターとの良好な関係を構築。
AIP

案件発掘やアセット・マネジメントにおける強み

  • 良好な関係を構築しているオペレーター等から多数の物件情報の提供を受けており、10年超の取引実績に裏付けされた信頼関係により、多数のヘルスケア施設関連取引に関与。
  • 良好な関係を構築しているオペレーター等から多数の物件情報の提供を受けており、10年超の取引実績に裏付けされた信頼関係により、多数のヘルスケア施設関連取引に関与。
  • 事業パートナーとなるオペレーターに対し、施設運営の強化や経営戦略に関わる助言を実施。
  • オペレーター選定及び賃貸借契約の諸条件に関し、過去の投資・運用経験に基づき構築してきた独自の基準を有しており、ヘルスケア分野におけるアセット・マネジメントの知見・ノウハウを有する。

ページトップへ戻る

©2014 AIP Healthcare Japan GK All rights reserved.